ここでは、自動車税の仕組みについてのご説明をしていきます。
売却の際に、この辺りの税金の支払については必ず関係のあることです。

また、廃車寸前のトラックを放置されている方もトラックの税金については、特に把握頂きたい点です。使わないトラックのために税金を支払続けるのも非常にもったいないことですから、この辺りは、きちんと知識として身につけておいて損はないかと思います。

それでは、さっそく内容を見ていきましょう。

 

自動車税とは?

そもそも自動車税とは何なのでしょうか?
ひとことで言えば、自動車やトラックの所有者に対する”納税の義務”のことです。

そして、自動車税は、
4月1日時点で車を所有する人が自動車税の課税対象となります。


納税金額に関しては、

  • トラックの用途
  • 総排気量
  • 最大積載量
  • 乗車定員

の4点が主に関係してきます。


この4点を見てお分かりかもしれませんが、”使用頻度”という項目はないため、
例えトラックを1年間使わないようなことがあっても納税をする必要があります。

ですから、廃車寸前のトラックを放置されているような場合は、
無駄な税金を支払っているということになります。



具体的な納税の金額について

では、自動車税を支払うことになった際にどれ位の費用を支払う必要があるのか?ということになりますが、具体的な計算に入る前に、自動車税は、自家用と事業用とで異なってくることを覚えておいてください。

税率は事業用の方が低くなります。トラックの場合は、大半が事業用として使用されている方が多いと思いますので、ほとんどの方は事業用に当てはまります。

それを踏まえた上で、下記のトラックの自動車税の一覧表を御覧下さい。

最大積載量量 事業用 自家用
1t以下 6,500円 8,000円
1t超~2t以下 9,000円 11,500円
2t超~3t以下 12,000円 16,000円
3t超~4t以下 15,000円 20,500円
4t超~5t以下 18,500円 25,500円
5t超~6t以下 22,000円 30,000円
6t超~7t以下 25,500円 35,000円
7t超~8t以下 29,500円 40,500円
8t超~ 29,500円+1t毎×4,700円 40,500円+1t毎×6,300円



例えば、この表に乗っ取りながら計算をすると、

  • 積載量が3t~4tのトラックの場合

事業用 :15,000円
自家用 :20,500円

  • 積載量が10t~11tのトラックの場合

事業用 :38,900円
自家用 :53,100円


積載量が3t~4tのトラックの場合は、
上で記載しているトラックの表通りの金額になります。


一方で、
積載量が10t~11tの場合の計算式は、
8tを超えるトラックになるので、少し計算をする必要があります。

8tを超えている場合は、あなたのトラックがどのラインにいるのか?
を把握する必要があります。


10t~11tの場合は、

・8t~9t
・9t~10t
・10t~11t ←ここのラインにいます。

つまり、8t超の基本料金29,500円に加えて、
1tごとに4,700円が加算されます。


計算式を書くと、

29,500円(8t超の基本料金)+4,700円×2(”8t~9t”、”9t~10t”、の2つのステップを越えているので)
=29,500+9,400
=38,900円

という内訳になります。
自家用の場合も、事業用の時と計算の仕方は同様になります。


このようにして、トラックの自動車税は算出されています。
いかかがでしたしょうか?ある程度ご理解頂けたでしょうか?
トラックの自動車税についての簡単なお話はここまでとなります。

別なページでは、トラック税を滞納してしまった際のケースや、
名義変更や抹消登録をした場合のケースについて解説していきます。

トラック買取業者についての詳細は、こちらのページをどうぞ。